働く人の求人ナビ

無職の人と求人の関係

そろそろ終盤にこのサイトもやってきましたが、長くて疲れませんか?休んでゆっくり安心して読んでみてください。
働かない方を無職と言いますが、昔はプーという呼びかたで無職の人を呼んでいましたが、一昔前からニートと呼ぶようにもなりましたけど、ニートの人達と無職の人たちでの違いもあると思いますし、社会人との差別化が進んでしまうので、否定するのでも認めるのでもなく、働く前の段階の人たちだと捉えればよいと思います。
無職の人と求人の関係は浅いですね、ですが深いつながりもあるともいえると思いますし、要は無職の方達でも意識が高い方は働いていきますし、一生懸命毎日を生きているという点で一致している方もいると思いますので、簡単に笑ってニート、というのではなくて、真剣な顔で無職だけどいずれ働きますという感覚で捉えればまた違ってくると思います。
ですが、良く考えると誰しも初めは無職ですし、生まれてすぐ求人に応募できるわけではないですし、泣きながら応募していたらそれはそれでスーパーベイビーですけどね(笑)
誰でも初めは無職ですので、これからですね、そして、前のページにも書きましたが、要は意識が高いか?そうではないか、との違いでもあると思いますね、仕事をしていても意識が低ければ、仕事をしていない方より寂しい人生を送るかもしれませんし、働いていなくても意識が高い方はご家族の事を強く心配して守ってあげたりと、働いている、働いていないという線で区切るのは間違いなのかもしれませんね、私も色々書いてきた中で、やはり求人は誰のためにでもあるのだなとも思いますし、無職の方も働けば無職でないですし、そこで大きく線を引くのではなく、働いている人達の線とつながっている所に無職の方達がいると思う方が正確かもしれないと思いますけどね。
無職の人と求人の関係はやはりこれからであり、未来にどうなっているかだと思いますし、生活して生きていることに関しては同じだと思いますし、前のページで厳しいことも書きましたが、しっかりと働く意識があるという事も必要ですが、無職の方達をサポートするハローワークの様な所がたくさん増えればいいとも思いますし、ハローワークに通って仕事を探している無職の方達もいますので、色々と事情は違うと思いますが、長い目で見てあげてください。
色々な人たちが色々な理由で求人との関係を築いていますが、社会人の方も、無職の方もその中にいると共に、未来になっても求人と社会人と無職の方達の関係性は失われないと思います。
無職だからと言って、縮こまる事もないですし、差別されたらそれはそれでその人の人となりが分かるのかな?とも思います。

働く人の求人ナビTopに戻る

ページのトップへ戻る