働く人の求人ナビ

求人で紹介された仕事場の見学について

工場見学をする事は良い経験になりますし、見学に行くときは緊張しますし、一緒に行動する集団行動性も大切だと思います。
求人で紹介された仕事場の見学についてですが、やはり見学に行く以上、集団行動になると一緒に集団で見学する方達が一緒に働く仲間になる事もあると思いますし、実際、その後、長い付き合いになる事も多いと思いますね、見学する時はここで働くんだという思いと、ここで働くのかぁ、不安だなぁという思いもあると思いますが、何事も経験ですし、体験してみましょう。
見学する時のポイントは何点がありますが、まず仕事場の雰囲気ですね、淡々とこつこつと仕事をやる方達の職場なのか?話しながらわいわいやる仕事なのか?見学して、よく人を見る事ですね、職場の雰囲気は大切ですし、自分に合っている職場かどうか冷静に判断することも見学の一つのポイントですし、集団での見学となるとゆっくりは見てはいられないので、自分なりによく注意して見てみましょう。
そして見学のポイントの2つ目は説明してくださる会社の担当の方の話をよく聞く事ですし、ただ見ているだけで、話も何を言っているのか覚えられないのでは困りますし、案内をしてくださる社員の方も大事な点を挙げる方もいますので、しっかりと聞き逃さないようにしましょう。
見学のポイントの3つ目は、案内されて見学した場所を覚えておくことですね、工場などでは多いですが、トイレの説明まではしてはくれない事も多いですが、社員食堂や、ロッカー、工場のお店などを紹介してくれる場合もありますけど、大手の会社ならそれはありえますが、普通の工場では社員食堂も、お店もないという場合もあります。
前のページでも紹介しましたが、お弁当を持参する事と、飲み物も持参する事ですね、ロッカーの場所は必ず覚えておきましょう、ロッカーを忘れるとパニックになる方もいますので、ちゃんと確認しておきましょう。
工場の見学のポイントの4つ目は自分がここで働いて、毎日通う事になる事を見学を終えて帰ってからよく考える事ですね、簡単に考えていてはいけませんし、続けられる自信がないのならはっきりと断るべきですし、担当の方も決まったら働く方達を予定して計画を立てていきますし、タイムカードも用意したりしなければならないので、本当は採用される前に断るべきですが、続けられそうにないぐらいに不安になったら断る勇気も持ちましょう。
紹介された仕事場の見学は大切ですし、職場見学があるところとないところがあるので、それも視野に入れて求人に応募する事も大切ですし、求人の募集担当の方に尋ねておきたい事ですね。

働く人の求人ナビTopに戻る

ページのトップへ戻る