働く人の求人ナビ

将来求められる新しい求人

もう1ページでこのサイトも終わりますが、何か色々と書きすぎましたね?休憩をはさまずに読んだ方達は疲れたでしょう?無理はしないでくださいね。
求人についてこれだけ書いた方も珍しいと思いますし、このサイトに関しては私はほとんど全くほかのサイトや色々なことを参考にせずに、独自の捉え方で捉え、伝えてきましたが、外のサイトを見ていないので分かりませんが、少しはお役にたてましたか?色々とある中で、求人に応募して仕事をした時にああ、そう言えば今の状態と同じことが書いてあったなぁ、と思い出してくだされば意味もありますし、私も純粋に嬉しいです。
将来求められる新しい求人、何があるでしょう?例えば今も閃きましたが、アルバイトと正社員の方達の間の雇用体系、社会保険にも加入出来て、給与も正社員の方達と同じでボーナスもある、でも拘束時間が短い、要は働く時間は短いという雇用体系、その点では正社員の方と給与は同じようで少なくなる。
他には毎月の給料を相談し合って、実力次第で、アルバイトでも、パートでも、正社員でも、派遣社員でも給与が定期的に上がるけれども、ボーナスはなし。
などなど様々な新しい雇用体系が浮かびましたが、実際にこのような雇用体系で働いて頂いている、働かせて頂いている方達もいるのでしょうね?
そうですね、このページのタイトル自体が良い案ですね、それぞれの会社や企業や派遣会社が今までとは違う雇用体系を考えると同時に良いアイデアを採用して、取り入れていくというのも良いですし、政府が法律で決めた基準以外で働ける、自由求人法という法律ができても良いと思いますし、国や、県や、市でそれぞれ新しい雇用体系を考えるのも良いと思いますし、これからは新しい雇用体系、新しい求人が求められると思いますね、無職の方達の中で働きたくない方達にも働きやすい環境づくり、決して楽には働けなくとも無職の人たちも働きたいと思えるような求人はこれからの時代求められると思いますね。
そして定年退職した方達を指導者としてチームとして働く体系も今思いつきましたが、定年退職する方を継続雇用する、再雇用することで、今までの仕事の中での大切にされてきた事を活かせるチーム作りや、定年退職した方達を筆頭としたセミナーを開くなど色々とあると思います。
将来求められる新しい求人、皆さんも色々と考えて、思いついたことを意見として話してみるのも良いと思いますし、そのような意見を取り入れる仕組みを会社も企業も派遣会社も作るべきですし、発想はとても大切です。
それでは、次がとうとう最後のページですので、最後まで付き合ってくだされば嬉しいです。

働く人の求人ナビTopに戻る

ページのトップへ戻る